今日も明日も元気なじぶんに

株式会社エービック

ITEM LINEUP

商品一覧

健康関連:健康補助食品

スリランカ産コタラヒムブツ100%茶

顆粒タイプ

こんな方にオススメ!

スリランカ産コタラヒムブツ100%茶はこんな方におすすめ
  • 甘いものが我慢できない方
  • 後ろ姿が気になる方
  • 毎朝すっきりしたい方
  • 快適な生活を心がける方
  • 外食やお酒を飲む機会が多い方
スリランカ産コタラヒムブツ100%茶(顆粒タイプ)の美味しい召し上がり方
スリランカ産コタラヒムブツ100%茶は5分以上煮出して飲みます

顆粒1gを100〜200ccのお湯または水に溶かしてお飲みください。

飲み方や応用

目安として、1日に1gを1〜2回程度お飲みください。

スリランカ産コタラヒムブツ100%茶は1日数回に分けて飲むことをおすすめします。

ホットはもちろん、冷やしても美味しくいただけます。

スリランカ産コタラヒムブツ100%茶にはカフェインも含まれておりませんので、カフェインを気にする方も是非安心してお召し上がりください。

スリランカ産コタラヒムブツ100%茶とは

学名:サラシア・レティキュレータ Salacia Reticulata
現地名:コタラヒムブツ Kothala himbutu
スリランカに自生するトチノキ科のツル性植物で、大変貴重な植物です。

名称:スリランカ産コタラヒムブツ100%茶
原材料名:コタラヒムブツ木
賞味期限:未開封で 大体2年くらい
保存方法:湿気を避けて保存

スリランカ政府では厳重に輸出規制の処置を取っていましたが、近年日本に向け一定条件の下、限定量で輸出が可能となりました。

WHO(世界保健機構)からも2002年にコタラヒムブツの効用は認定され、広く国際的に認められております。

スリランカ原産コタラヒムブツについて
  • 現地では 「神の贈り物」「神の恵み」 を意味する言葉「コタラヒムブツ」
  • スリランカでは3,000年も前から飲み継がれていた
  • 薬木の一つでニシキギ科サラシア属のツル性植物
  • 近年その効果が注目され日本でも研究が進んでいます
コタラヒムブツはスリランカ産だけ!

『コタラヒムブツ』はスリランカにのみ自生する植物で、『サラシア』はインド産の物を指します。
『コタラヒムブツ』の学名は『サラシア・レティキュレータ』ですが、両者は分子構造に違いがあり、一般的に知られている安価な『サラシア』と比べ、『コタラヒムブツ』は現在でも入手が難しい植物です。

※コタラヒムブツはスリランカ農業省の輸出禁止ハーブに指定され、政府の許可なく伐採できないという貴重な樹木です。

サラシア・レティキュレータ

お客様の声

K市在住 60代 男性 キムリンさん

病院で受けた検査で、いきなり糖尿病と診断され
ヘモグロビンA1c数値が、7.4%で、明らかに糖尿病だったのです。
以来食事量を減らし処方された薬を飲んでいましたが、
油断するとすぐに元の数値に戻ってしまいました。
そんな状況が約5年間も続き合併症の不安感を持っていたが、
友人からスリランカ産のコタラヒムブツを紹介され、
糖尿病の改善にいいことならなんでも試そうと思い2カ月間飲んで
病院で数値の検査を受けてヘモグロビンA1cが5.4%と大幅に改善しました。
ようやく結果が出て不安もなくなりました。

K市在住 50代 会社経営男性 Hさん

スリランカ産のコタラヒムブツは、
血糖値、ヘモグロビンA1cに良いと友人から紹介され
今年(H27年)6月末~8月末までコタラヒムブツを煎じ、
冷蔵庫で冷やしたものを毎日1リットル飲んで、
9月初めにかかりつけの病院で検査を受けました。
ヘモグロビンA1c数値が9%以上あったのが、7%代に改善、
体重90キロあったのがこの間6キロ減り
こんなに効果があるのか!と家内と共に喜んでいます。
まだ2カ月しか経過していませんが、このまま続けて行きたいと思っています。
私の会社の社員には、私よりヘモグロビンA1cの数値が高い社員もいますので、
是非これを飲むように勧め、今月(H27年9月)から飲用始めました。
社員ともどもコタラヒムブツを飲用し健康管理に努めたい。

K市在住 60代 男性 Sさん

現職の頃、仕事柄故に接待と称して飲む機会が多いので内臓脂肪や、
肝臓のγ-GTPの数値が毎年の社内健康診断で気になっていました。
ある健康雑誌に
WHO(世界保健機構)がその効用(血糖値やγ-GTP数値の上昇を抑える) を認める・・
の記事を見て飲み始めましたが、私にぴったりの健康茶と自負しています。
現在もコタラヒムブツを煎じて、毎日欠かさず1リットル程飲んでおります。
快調です。

※効果や感じ方には個人差がございます
※薬事法等の表現規制に基づいて、一部「表現の変更」を加えております。